メロンジュースはメロンの味がしないから、青春の儚さを表現している

LINEで送る
Pocket

HKT48の曲名が「メロンジュース」である理由とは

こんにちは!
経済誌キュレーションドットコムです。

2016年9月10日、広島東洋カープが25年ぶりのセリーグ優勝を達成しました。

暑い夏が終わり、今年もまた秋がやってきます。
そんな時期には夏の余韻に浸るためにメロンジュースを飲みたくなりますね。

メロンジュースと言えば、アイドルグループHKT48が2013年9月4日に発売した2枚目のシングル「メロンジュース」が有名です。

宮脇咲良や兒玉遥など若きHKT48のメンバーとベテランの指原莉乃が激しく踊る名曲ですね。

厳しいビジネス社会を生きている大人であれば、ここで立ち止まって考えてみましょう。

「なぜ、題名がメロンジュースなのか?」
img_5201

メロンでもみかんでもオレンジでも良いのではないか

オレンジ、リンゴなどフルーツジュースの選択肢はたくさんあります。

なぜ、作詞家の秋元康氏はメロンジュースを選んだのでしょうか。

あるコンサルタント会社の社長はこう指摘します。
「片想い中の女の子の青春の甘さはを表現するには、酸味のあるみかんやオレンジではなく、やっぱりメロンジュース」

なるほど、たしかにみかんやオレンジには酸味があります。
青春の甘酸っぱさではなく、とろけるような青春を表現するにはメロンの方が適切そうです。

あれ、メロンジュースってメロンの味がしましたっけ?



メロンジュースにはメロンの味はしない!

メロンジュースはメロンの味がしませんよね。
メロンジュースの成分は甘い水、緑色の色素、メロン味の香料で構成されています。

甘さと見た目、香りによって「メロンっぽさ」を表現しているのがメロンジュースの実態です。

メロンジュースとはメロンの名を冠しながら、メロンは使用されていないのです。

極論を言えば、メロンジュースとは偽物の意味が含まれます。

秋元康氏がメロンジュースで表現したかったこと

つまり、秋元康氏はメロンジュースを若い女性アイドルに歌わせて、こう伝えたいのです。

・若い女の子の青春には本物かどうかなんて関係ない

・雰囲気だけで飲み込まれてしまう弱さがある

・だけど、偽物を本物と同じようにできるほどの勢いがある

メロンジュースには深い意味が込められていたのですね。

あなたは、電車に乗るときは連結の辺りにいませんか?
前の車両をチラ見していませんか?
つり革につながるあの人の右腕を見ていませんか?

だから?





LINEで送る
Pocket

About kaikei 179 Articles
全てが謎に包まれている

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)