第40回アカデミー大賞に異論 女子高生が選ぶ2016年の映画大賞

LINEで送る
Pocket

第40回アカデミー大賞に異論 女子高生が選ぶ2016年の映画大賞


日本アカデミー賞協会は3日、第40回となる日本アカデミー大賞を発表した。

大賞は2015年12月16日から2016年12月15日までに東京で公開された劇場映画およびアニメーション作品。

受賞者、作品は以下の通り。

最優秀助演女優賞:杉咲花「湯を沸かすほど熱い愛」

最優秀助演男優賞:妻夫木聡「怒り」

最優秀監督賞:庵野秀明(総監督)・樋口真嗣(監督)「シン・ゴジラ」

最優秀主演女優賞:宮沢りえ「湯を沸かすほどの熱い愛」

最優秀主演男優賞:佐藤浩市「64-ロクヨン-前編」

最優秀アニメーション作品賞:「この世界の片隅に」

最優秀作品賞:「シン・ゴジラ」

受賞者や作品には文句無し、でも女子高生の視点では?


最優秀主演女優賞の宮沢りえ、最優秀主演男優賞の佐藤浩市はともに日本を代表する俳優だ。

対象となった作品の「湯を沸かすほどの熱い愛」も「64-ロクヨン」も文句のない名作。

多くの映画関係者、映画通にとっては納得できる内容だったのだろう。

しかし、ライトな映画ファンや女子高生にとってはどうだろうか?

経済誌キュレーションドットコムは独自の視点で、2016年の映画大賞「第一回キュレーションドットコムアカデミー大賞」を発表する。

最優秀助演女優賞


最優秀助演女優賞:戸田恵梨香「デスノート Light up the NEW world」

「第一回キュレーションドットコムアカデミー大賞」の最優秀助演女優賞を受賞したのは戸田恵梨香。

対象作品は映画「デスノート Light up the NEW world」、通称はデスノートLNW。

戸田恵梨香は10年前の映画「デスノート」から同じミサミサ役を演じた。

現実と劇中が同じく10年後の設定で、戸田恵梨香は10年たっても変わらぬ月(藤原竜也)への愛を披露した。

文句なく2016年の最優秀助演女優賞は戸田恵梨香だ。

最優秀主演女優賞


最優秀主演女優賞:広瀬すず「ちはやふる」

「第一回キュレーションドットコムアカデミー大賞」の最優秀主演女優賞を獲得したのは広瀬すず。

対象作品は映画「ちはやふる」。

漫画やアニメが大人気の実写映画化で、見事に主演を演じきった。

人気漫画の実写化では通常、原作ファンから大きな批判が起きる。

その批判を全てねじふせたのが広瀬すずの躍動力、動物的な動き、圧倒的な目力だ。

ちはやふるの原作で主人公の綾瀬千早は直情的で勢いのある女子高生だが、広瀬すずは奇跡的に漫画の世界を現実にそのまま表現した。

日本アカデミー大賞を選ぶ審査員たちは若い力をあなどっているのかもしれない。

広瀬すずが映画「ちはやふる」で見せた躍動感はベテランの演技を凌駕した。

どうなる2017年の映画界


2016年の映画界を盛り上げたのは戸田恵梨香と広瀬すずだろう。

2017年はいった誰が映画界を盛り上げていくのか?

2017年4月29日に公開予定、あの清水富美加と松井玲奈が出演する「笑う招き猫」が全ての鍵を握っている。



LINEで送る
Pocket

About kaikei 190 Articles
全てが謎に包まれている

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)