サッカーW杯出場決定、投票「長谷部がナンバーワン」

LINEで送る
Pocket

サッカー日本代表がW杯の出場権を獲得

サッカー日本代表は8月31日、日本でオーストラリア代表と試合を行い2-0で勝利した。

バヒド・ハリルホジッチ監督に大抜擢された浅野拓磨(22)と井手口陽介(21)の若手がゴールを決めて勝った。

W杯本大会と予選を通じて1度も勝ったことのなかったオーストラリアの勝利に日本は湧いた。

経済誌キュレーションドットコムでは試合直後、3つの質問をサポーターに投げかけた。

オーストラリア戦は若手中心、ファンの気持ちは「長谷部」

W杯への出場を決めるオーストラリアとの天王山。

ハリルホジッチ監督は長年のチームの中心だった本田圭佑選手や香川真司選手をスタメンから外した。

最近では自分のチームで試合に出ていないベテランを外し勢いのある若手の登用。

簡単にできることではないのは今までの日本代表の戦いが証明している。

ただ、サポーターたちは大手メディアの「本田」「香川」などの文字には踊らされてはいなかった。

ベテラン陣に関する質問の回答の第一位は「やっぱり長谷部がナンバーワン」。

オーストラリア戦直後の気持ち「井手口!」


出場直後の気持ちのアンケートでは井手口陽介選手への想いが爆発した。

1位は「井手口が中田英寿に似てる!」で31%、2位は「井手口が神!」で27%だった。

井手口選手は運動力の多い守備専門の選手と見せかけて、攻撃でも躍動して2点目のゴールを決めた。

初めて井手口選手を見たサッカーファンにとってはその風貌は衝撃。

かつて日本代表を引っ張ってきたレジェンドの中田英寿氏と井手口選手は似ていた。

オーストラリア戦に勝利、直後にキリンのCMで岡野が登場


2018年ロシアW杯へのアジア予選では浦和レッズ出身の選手が大活躍した。

最終予選で獅子奮迅の活躍をした原口元気、精神的支柱の長谷部誠。

日本代表での活躍を受けて浦和レッズファンからは喜びの声が溢れている。

一方、日本代表がオーストラリア代表に勝利した後にテレビではキリンのCMが放送された。

登場したのは俳優の香川照之、元日本代表GKの川口能活。

そして、日本代表が初めてのW杯の出場する決定打のゴールを放った岡野雅行。

ジョホールバルの歓喜から20年が経過した。

今でも浦和レッズファンには岡野のゴールを決めた後のダッシュが心に残っているようだ。




LINEで送る
Pocket

About kaikei 203 Articles
全てが謎に包まれている

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)