争いは、同じレベルの者同士でしか発生しない!! 70年前に少年VSカンガルー

LINEで送る
Pocket

争いは、同じレベルの者同士でしか発生しない!! 70年前に少年VSカンガルー

少年サンデーの漫画「神のみぞ知るセカイ」から広がったセリフが再び注目を集めている。

今から約70年前の昭和25年(1950年)、広島では少年vsカンガルーのタイトルマッチが行われた。

NHKアーカイブスがツイッターで4月11日に公開した。

少年とカンガルーを戦わせるという発想は、平成の今であれば「動物虐待」「少年虐待」と批判が殺到しただろう。

一方、カンガルーがボクシングをする姿はネットで広がっている「争いは、同じレベルの者同士でしか発生しない!!」とのセリフ付きの画像やAAを思い出させる。

なお「争いは、同じレベルの者同士でしか発生しない!!」の内容が正しいかどうかは、言葉の定義が曖昧でいつまでも決着がつかない「賽の河原(積み上げては壊れる)」の典型である。




LINEで送る
Pocket

About kaikei 256 Articles
全てが謎に包まれている

1 Comment

  1. 典型的な朝鮮話法ですね。 争いと言っている時点で 全く異なる価値観を持つことを意味します。
    例を挙げ もとになる価値観、次元である彼我を例にとってみましょう。
    食べ物を一人が食べなければ 二人とも死ぬなどの 簡単な条件でならわかりやすいでしょう。
    全く 次元も思考も所属も土俵も違っても、争わなければならない一点において一致します。
    逆に、どこがどう一致していても、同じ種族でも、同じ性別でも、同じ利益ですら 争わなければならない一点において争います。
    さらに、その争いに 憎悪が含まれず、利益が含まれない場合、競技と変えます。
    協議にはルールがあり、各種ルールに基づいて カンガルーボクシングをするには カンガルー同士でなければならない となるわけです。
    実態から 一部の条件のみで成立する語呂を そのままごり押しする詐欺話法で、唯一人語を扱わず人糞を食う種であったKoreanが 人語をまねて施行する際 陥る 人類からすれば意味不明で支離滅裂な文章です。
    「争いは」の条件が抜け落ちている。 この場合の争いは 「カンガルーボクシングは」双方がカンガルーであることが条件になる。 の朝鮮話法ということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)