星野源、初のレコ大大賞 「恋ダンス」が世界で流行

LINEで送る
Pocket

星野源、初のレコ大大賞を受賞 「恋ダンス」が世界で流行

「第58回 輝く!日本レコード大賞」(日本作曲家協会など主催)は30日、歌手の西野カナの「あなたの好きなところ」が大賞だったと発表した。

一方、「第1回 さんざめく!キューションドット賞」(通称:レコ大)の最終審査が31日、日本で行われた。

さんざめくレコ大の記念すべき第一回の大賞は歌手の星野源の「恋」が受賞した。

「恋」は9月13日にラジオで解禁、10月5日に同氏の9枚目のシングルとしてSPEEDSTAR RECORDSが発売した。

「恋」は10月11日から開始したドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌で、ドラマの主演である新垣結衣(ガッキー)と星野源自身がエンディングで踊る「恋ダンス」が日本で流行、TBSの公式動画では記録的な再生数を誇った。

恋ダンスがさんざめくレコ大の大賞を受賞した理由について、経済誌キュレーションドットコムの編集長kaikeiは「デフレ傾向に悩む日本経済にとって星野源さんの『恋』はカンフル剤になった。2013年の日銀の黒田東彦総裁が決めた量的・質的金融緩和と同様の衝撃があった」と述べた。

恋ダンスを踊る動画が普及、ケネディ大使からベジータまで


星野源と新垣結衣(ガッキー)が踊る恋ダンスを芸能人やユーチューバー、一般人たちが真似して動画に投稿し、2016年を象徴する出来事となった。

あまりの人気に星野源のレコード会社も「90秒程度の“恋ダンス”動画をドラマ放送期間中にYouTubeに公開することに対し、弊社から動画削除の手続きをすることはございません」と容認するほど。

ケネディ大使やアメリカ人外交官も恋ダンス動画を投稿、GENERATIONSの白濱・数原・小森・佐野がInstagramに恋ダンスをアップするとファンは熱狂した。

そのほか、SKE48の元メンバーで、現セクシー女優の三上悠亜が踊った恋ダンス動画は12月31日2時の時点で再生回数125万回超とSKEのシングル曲を超える人気となった。

お笑い芸人たちによるベジータとカイジによる恋ダンスも12月19日に投稿され、日本や世界だけでなく宇宙を巻き込む大ヒットとなった。

さんざめくレコ大受賞を受賞した星野源の動画

編集部注

キュ「レ」ーションドット「コ」ム大賞なので「レコ大」と約す。

2016年12月31日02時の時点でYouTubeにていくつもの「恋ダンス」動画がアップされているが、12月20日のドラマ最終回をもって星野源のレコード会社SPEEDSTAR RECORDSによる超法規的な著作権の容認期間は過ぎた。

【星野源「恋」に合わせて踊る“恋ダンス”動画に関しまして。】

現在の著作権問題は本誌から見て不明なため、ネット上に存在する恋ダンスの動画をあえて紹介していない。

あえてね。



LINEで送る
Pocket

About kaikei 203 Articles
全てが謎に包まれている

2 Comments

  1. 恋ダンス動画を著作権問題からあえて紹介しないのはよいとして、そのよく出てくる女子高生風の着物着た子の著作権問題は大丈夫なのか?

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)