ランサーズが上場 時価総額145億円 ネットで仕事を受発注するクラウドソーシング大手

LINEで送る
Pocket




ランサーズが上場 時価総額145億円 ネットで仕事を受発注するクラウドソーシング大手

インターネットで仕事を受発注するクラウドソーシング大手のランサーズが2019年12月16日に上場する。

東京証券取引所は11月13日、ランサーズの上場を承認したと発表した。

(東証:ランサーズ(株)の会社概要

ランサーズの事業内容は「フリーランスと企業を仕事領域でマッチングさせるプラットフォーム」。

有価証券届出書による会社の想定発行価格(900円)で計算すると、時価総額は145億円になる。

ランサーズは2008年に設立。

仕事を依頼した企業と、受注する個人がネット上で個別に契約し、打ち合わせや納品までネット上で完結できる。

東証の上場承認を受けて、創業者で代表取締役の秋好陽介氏はツイッターで「ミッション『個のエンパワーメント』の実現をさらに加速して参ります」と決意を表明した。




ランサーズの業績

上場時に公表した有価証券届出書によると、ランサーズの2019年3月期の売上高は25億円で営業損益は2億円の赤字だった。

【ランサーズの業績:2019年4〜9月期】
売上高:15億円
営業損益:マイナス2.1億円
最終損益:マイナス2.2億円

【ランサーズの業績:2019年3月期】
売上高:25億円
営業損益:マイナス2億円
最終損益:マイナス1.7億円

【ランサーズの業績:2018年3月期】
売上高:19億円
営業損益:マイナス3.5億円
最終損益:マイナス3.5億円

ランサーズ上場に関しての主幹事は大和証券。

上場の際に227万株の公募(新規の資金調達、想定発行価格で20億円)を実施する。

一方、506万株の売出し(既存株主の売却、想定発行価格で45億円)がある。

【IPOによりランサーズ株の売出しをする主体】
グロービス4号投資事業有限責任組合:137万株

秋好陽介(代表取締役CEO):111万株

KDDI:82万株

グロービスファンド:80万株

CMOベンチャーパートナーズ:42万株

AT-I投資事業有限責任組合:16万株



LINEで送る
Pocket

アバター
About kaikei 326 Articles
全てが謎に包まれている