米アップルのCEO、星野源と居酒屋で談笑 ティム・クックと話した「逃げ恥」エンジニアのひらまさ

LINEで送る
Pocket




米アップルのCEO、星野源と居酒屋で談笑 ティム・クックと話した「逃げ恥」エンジニアのひらまさ

世界でも異色の組み合わせが話題だ。

iPhoneでおなじみの米アップルのティム・クックCEOは12月8日、日本の居酒屋を楽しんだとツイッターに投稿した。

その相手はアーティストの星野源。

ティム・クックCEOはツイッターで「星野源が持つ多くの才能に感動しました。スタジオで創造的なビジョンを実現する方法を教えてくれてありがとう。居酒屋も大好き!明日は素晴らしいショーを!楽しかったです!」とコメントした。

星野源は翌日12月9日、横浜アリーナでアーティストのマーク・ロンソンとの合同コンサートを開催する。

アップルのCEOと有名な芸能人の星野源がごく自然に居酒屋で談笑している姿が印象的だ。

星野源と言えば、新垣結衣と共演したドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が有名で、その主題歌「恋」も担当した。

ドラマではガッキー演じる森山みくりの相手として、星野源は津崎平匡(つざき・ひらまさ)というシステムエンジニアを演じていた。

アップルのCEOと話したのは音楽家、俳優、文筆家というマルチな才能を持つ星野源だけでなく、ひらまささんだったのかもしれない。




そして、2019年末。

星野源と新垣結衣のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が再びやってくる。

もはや年末の風物詩と化してきた「逃げ恥」。

また、ガッキーの恋ダンスで白熱する日々がやってくる。



LINEで送る
Pocket

アバター
About kaikei 404 Articles
全てが謎に包まれている

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)