準富裕層、定義は純資産5000万円以上1億円未満 野村総合研究所





準富裕層、定義は純資産5000万円以上1億円未満 野村総合研究所

SNSで準富裕層が話題だ。

そもそも準富裕層とはどのような属性の人を指すのか。

野村総合研究所が定期的に発表している調査では、預貯金や株式など金融資産の合計額から借入を差し引いた「純金融資産保有額=純資産」を基に、世帯を5つの階層に分類している。

これによると、純資産が5億円以上の超富裕層は全体の0.2%、純資産が1億円以上5億円未満の富裕層は2.6%となる。

話題の準富裕層は純資産額が5,000以上1億円未満で全体の6%にあたり、日本の上位1割に入る。

リンク:野村総合研究所「純金融資産保有額の階層別にみた保有資産規模と世帯数




準富裕層に憧れる馬




アバター画像
About kaikei 494 Articles
全てが謎に包まれている

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)