アメリカ、平均時給4500円 月収で約70万円に 米雇用統計





アメリカ、平均時給4500円 月収で約70万円に 米雇用統計

アメリカでの物価上昇が止まらない。

米労働省が5月5日に発表した4月の雇用統計によると、アメリカでの平均時給は前年同月比4.4%増の33.36ドルと日本円換算(1ドル=135円)で4500円まで上昇した。

1日7時間労働の週休2日での月収に換算すると、約70万円に達する。

アメリカでの平均時給は10年間前の24ドル前後(現在の為替相場換算で3200円)から4割ほど上昇した。

4月の失業率は3.4%と半世紀ぶりの低水準で圧倒的な人手不足となり、経営者より労働者が優位な状態だ。

(リンク、米国労働統計局:季節調整済みの業種別民間非農業部門従業員の平均時給と週給

一方、日本の時給は正社員で2000円前後、アルバイトでは1000〜1100円の推移が続いている。

(リンク、厚生労働省:正規雇用労働者・非正規雇用労働者の賃金の推移

もっとも、アメリカでは物価が高く生活がラクではないとの声は多い。

ニューヨークでのビックマックの価格は10.48ドルで円換算は1,400円と日本の450円の3倍だ。

SNSではラーメンが1杯3,000円、水でも700円との悲鳴が聞こえる。

(リンク、マクドナルド:Big Mac Meal in McDonald’s




アメリカでの一攫千金を夢見る馬




About kaikei 491 Articles
全てが謎に包まれている

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)