BiSH、紅白に初出場ならず 馬糞かぶる破天荒アイドル、ライブは生歌の実力派

LINEで送る
Pocket




BiSH、紅白に初出場ならず アメトーーク!で一躍、全国区に

常識の枠を超える破天荒アイドル集団の紅白歌合戦、初出場はならなかった。

NHKは11月14日、第70回となる2019年末の紅白歌合戦の出場歌手を発表した。

初出場を期待されていたのが「楽器を持たないパンクバンド」の肩書きで活動する女性アイドルグループ「BiSH(ビッシュ)」。

残念ながら2019年末の紅白歌合戦でBiSHは落選となった。

若者を中心に大人気のBiSHは2015年に活動を開始、現在のメンバーは6人だ。

デビュー曲のミュージックビデオでは馬糞まみれの姿を披露。

当初の肩書きはグループ名の由来でもある「Brand-new idol SHiT(新生クソアイドル)」だった。

2019年10月のテレビ朝日のバラエティ番組「アメトーーク!」での特集「BiSHドハマり芸人」で世間一般の注目度が劇的に増した。

過激な歌詞とプロモーション アイドルの枠を超える音楽の力

BiSHは炎上覚悟の過激なプロモーション、「おっぱい舐めてろ、チンコ シコってろ」という過激な歌詞などで注目を集めてきた。

もちろん、過激なアイドルグループというだけではライブに1万人もの人々が集まるわけがない。

BiSHの特徴はプロ中のプロが集まる紅白でも見劣りしない、音楽のレベルの高さにある。

曲中のボーカルはメンバー6人全員が交互に担当するが、中でもハスキーボイスのアイナ・ジ・エンド、抜群の歌唱力を持つセントチヒロ・チッチはボーカリストとしてアイドルの枠をはるかに超えている。

数多くのアーティストの音楽を手がけてきたプロデューサーたちのもと、楽曲のクオリティーも高い。

BiSHを知らない人にとって、一発で心に響く曲として「オーケストラ」がある。

【騙されたと思って、avex公式が2019年11月に提供したYouTubeの動画を一度、聞いてほしい。その後の人生が豊かになります】




ライブは生歌の実力派アイドル 紅白でますます飛躍

2015年の活動初期は過激なアイドルグループとしてダンスなどを重視、ライブ中にはCD音源も流す「被せ」があった。

そこからメンバーは努力、進化、覚醒した。

2019年現在のBiSHはライブを当然に生歌で披露するアーティスト集団となっている。

その楽曲はハードロックからバラードまで実に幅広い。

女性アイドル6人による明るい歌、叫び声、聴かせる音。

BiSHのライブはアイドルグループらしい客席からのコールで盛り上がる一方、純粋なミュージシャンとしても楽しめる。

アイドル好き、フェス好き、パンクロック好き。

多くの人の気持ちを掴んで離さないのがBiSHというグループ。

今後も大規模なコンサートを積み上げていき、2020年末こそ紅白歌合戦に出場するだろう。

【BiSHのライブをBlu-rayで見たい場合、シングルCDとのセットを買うのが一般的】

KiND PEOPLE / リズム(CD+Blu-ray Disc)(初回生産限定盤)



LINEで送る
Pocket

アバター
About kaikei 326 Articles
全てが謎に包まれている