金融クラスタが選んだ 2020年に輝く!グローバル女性セレブリティ・トップ10

LINEで送る
Pocket




金融クラスタが選んだ 2020年に輝く!グローバル女性セレブリティ・トップ10

激動の2019年が終わり、2020年が始まる。

米中貿易戦争の交渉は複雑化し、その米国ではトランプ大統領が再選を果たすかどうかが問われる大統領選も行われる。

経済統計では不況の兆候が見て取れるものの、欧米での実質的な金融緩和が続いて世界の株式市場では高値更新が続く。

2020年はいったいどんな世界が待っているのか。

2019年12月末に上場企業のCFOや金融業界で働く現場の人間が討論した。

そこでは2019年の現状と2020年の未来を総合的に勘案。

SNS企業の元CEOの意見も参考に、「2020年に輝く!グローバル女性セレブリティ・トップ10」を決定した。

目次

10位
9位
8位
7位
6位
5位
4位
3位
2位
1位
番外編
まとめ

10位、石田ゆり子

10位は幅広い年代に人気の石田ゆり子。

2019年に50歳を迎えたものの、その美しさは陰るところを知らない。

2016年のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で若者の人気を獲得。

勢いは止まらず2019年も多くのドラマ・映画に出演した。

年を重ねるに連れ増すその魅力は、金融業界で言えば長期投資が絶対正義の米国株のようだ。

9位、本田翼

9位は「ばっさー」こと本田翼。

その美貌だけでなく、コアなゲーム好きという顔を持つ。

2018年9月にはYouTubeチャンネルを開設、一ヶ月で登録者数100万人を突破したユーチューバーでもある。

女優という世界で力をつけた後にYouTubeという新興国にも一気に攻め込む。

その姿勢は国内で成功し、中国などアジアに攻め込み成功を収めているファーストリテリングや無印良品のようだ。

8位、広瀬すず

8位は可愛さの極地に立つ広瀬すず。

その美しさを否定する者は、よほどのひねくれ者だろう。

2019年はNHKの連続テレビ小説100作目「なつぞら」のヒロインを務めた。

映画「ちはやふる」など多数の作品でその演技力の高さは証明済み。

外見だけでなく、実力もしっかり伴っているその力量は為替の世界での米ドルのようだ。

7位、広末涼子

7位はアラフォーにとって絶対的な存在。

1990年代にナンバーワンの地位を獲得した女優の広末涼子。

「ヒロスエブーム」でショートカットの女性の魅力を日本に広め、その影響は今にも至る。

一時期、自由奔放すぎる行動から批判の嵐にさらされたが、そこを乗り越えて味のある女優となった。

かつて栄光を誇り、厳しい時代を乗り越えて再び輝きだすその姿はソニーのようだ。

6位、MOAMETAL(モアメタル)=菊地最愛

6位はメタルダンスユニット「BABYMETAL(ベビーメタル)」よりMOAMETAL(モアメタル)。

幼少期より雑誌モデルを務め、さくら学院などを経て「BABYMETAL」で活躍。

2018年はYUIMETALが卒業、2019年はボーカルのSU-METALを必死にもり立てた。

ヘビーなバンド、幻想的に歌うボーカルの横という難しい場所で可愛らしく踊り続ける。

難しい立ち位置でもその輝きを失わないその姿は、株価が高値を更新している最中の低価格帯のプットオプションのようだ。

5位、深田えいみ

5位はセクシー女優より深田えいみ。

TBSの情報番組「ランク王国」のモデル兼リポーターを務めた後にSODクリエイトでデビュー。

ツイッターでは機微に富むツイートにリプライ、リツイートなどをこなして頻繁にバズる知性派でもある。

美の深い世界に身を置きながら、隠しきれないその知性。

高い金利で妖しい魅力を解き放つトルコリラ・南アフリカランドのようだ。

4位、ジェニー(キム・ジェニ) BLACKPINK

4位は韓国のガール・グループ「BLACKPINK」よりジェニーこと、キム・ジェニー(김제니、金珍妮、Kim Jennie)。

そのビジュアルは世界各地の美しい人ランキングで上位を占めるほど。

2018年にはソロ活動も始め、人気はグローバルで上昇中だ。

観客を魅了す荒々しいダンスも特徴的で、韓国ではアイドルのカリスマと呼ばれる。

圧倒的な美しさと強さを持ち、時に手抜きと批判されるその茶目っ気は、世界の金融市場に影響を与えるトランプ大統領のようだ。




3位、田中みな実

3位は2019年に話題を独占したフリーアナウンサーの田中みな実。

2009年に入社したTBSテレビを2014年に退職。

TBS時代は「あざといぶりっ子キャラ」だったものの、フリーアナウンサーとして自分を磨くことで「女性が憧れるカリスマ」に到達した。

2019年12月13日に発売した写真集「Sincerely yours…」は累計30万部を超える大ヒット。

そのストーリーはかつて「30歳で家が建ち、40歳で墓が立つ」と揶揄されつつも、時価総額9兆円企業まで拡大したキーエンスのようだ。

2位、沢尻エリカ

2位は女優、歌手の沢尻エリカ。

2007年に舞台挨拶での「べつに…」騒動から10年超、幾多の人生経験を経て女優としての地位を確立したかのように見えた。

しかし、2019年に合成麻薬MDMAを含む粉末を所持した麻薬取締法違反の容疑で逮捕された。

2020年の沢尻エリカはどうなるのか、芸能界で顔を出すことはなくなるのか。

資金繰りに苦しみながらも、一発逆転の目を持つテスラのようだ。

1位、ツウィ TWICE

1位は昨年に引き続きの絶対王者。

韓国のガールズグループ「TWICE」のチョウ・ツウィ(周子瑜 朝:저우쯔위、英語:Chou Tzu-Yu)。

世界を相手に勝負する金融業界の人間にとって、グローバルに活躍するツウィは絶対的な存在。

1999年6月14日生まれのため、現時点でまだ20歳。

若くして世界を制覇せんとするその能力と勢い。

まさに、グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社「GAFA」のようだ。

番外編(コメントなし、複数人が推薦)

まとめ 2020年に輝く!グローバル女性セレブリティ・トップ10

1位:ツウィ
2位:沢尻エリカ
3位:田中みな実
4位:ジェニー
5位:深田えいみ
6位:モアメタル
7位:広末涼子
8位:広瀬すず
9位:本田翼
10位:石田ゆり子



LINEで送る
Pocket

アバター
About kaikei 391 Articles
全てが謎に包まれている

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)