任天堂、メディアに反論 有機ELモデルで収益性が高まる事実はなし ブルームバーグ報道を否定

LINEで送る
Pocket




任天堂、メディアに反論 有機ELモデルで収益性が高まる事実はなし ブルームバーグ報道を否定

任天堂がメディアの憶測報道に反論した。

任天堂は7月19日、Nintendo Switch(有機ELモデル)での一部メディアの報道に対して「事実ではございません」と否定した。

任天堂はブルームバーグの7月15日の記事「任天堂の新型スイッチ、部品コスト増加は1100円程度-市場の評価二分」に対して反論したようだ。

任天堂は家庭用ゲーム機「スイッチ」の新型モデルを10月に発売する。

ブルームバーグは新型モデルのスイッチに対して販売価格は約5000円高くなるがコスト上昇は約1100円にとどまると指摘。

「ゲーム機単体としての新型モデルの収益性は値上げにより高まるとみられる」と報じていた。

他にもブルームバーグは「基本性能を据え置いた新モデルの投入で値上げするケースは珍しい」との見解を示す。

家庭用ゲームのビジネスモデルについても「基本的にゲーム機本体は値下げ」などと述べていた。




今日のマルコム「Life」 Malcolm Mask McLaren



LINEで送る
Pocket

About kaikei 451 Articles
全てが謎に包まれている

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)