花より男子、2018年4月に広瀬すずで再ドラマ化の噂 作者が否定

LINEで送る
Pocket

花より男子、2018年4月に広瀬すずで再ドラマ化の噂も作者が否定

人気ドラマのリメイクの噂を巡り、原作と広瀬すずファンが混乱している。

日刊サイゾーは10月18日、2018年4月から広瀬すず主演により「花より男子」の再ドラマ化が決定したと報じた。

花より男子(はなよりだんご)は通称「花男(はなだん)」と呼ばれる神尾葉子による少女漫画だ。

2005年に井上真央と松本潤が主演で人気化、小栗旬が主人公を呼ぶときの「まーきのっ」のセリフは2017年でも流行している。

さらにデイリーニュースオンラインが「ファンが阿鼻叫喚」などと報じている。

ファンの混乱を受けて、原作者の神尾葉子は10月20日の深夜、ツイッターで「花男ドラマのリメイク話とかないです」と明確に否定した。

広瀬すず主演の場合、現代のF4は?

花より男子の再ドラマ化の行方は現時点で明らかではない。

日刊サイゾーのフェイクニュースとの見方が広がる一方、TBSの上層部では再ドラマ化は内定しているが最終決定ではないため原作者に連絡が届いていない可能性はある。

広瀬すず主演の花男が2018年4月に放送される場合、問題はイケメン4人衆の「F4」を誰が演じるかだ。

2005年版の花男では松潤、小栗旬、松田翔太、阿部力の4人がF4を演じた。

日刊サイゾーは2018年版のF4の候補として竹内涼真、新田真剣佑、ジャニーズから山田涼介や中島健人の名前をあげた。

高校生の男子を演じるため佐藤健、窪田正孝、藤原竜也、神木隆之介の「スーパーF4」は使いにくい。

経済誌キュレーションドットコムが予想する2018年版のF4は「山崎賢人、竹内涼真、佐藤勝利(Sexy Zone)、菊池風磨(Sexy Zone)」である。




広瀬すずと言えば、歴代の邦画最高級「ちはやふる」続編が2018年に公開

広瀬すずと言えば歴代の邦画史上、最高級と呼ばれる映画「ちはやふる」が有名だ。

2016年に公開した「ちはやふる」の続編「ちはやふるー結びー」は2018年3月17日に公開する。

漫画で主人公の綾瀬千早の活発さ、スピード、獰猛さを現実に持ち込んだ広瀬すずの神演技が再び日本を揺るがす。




LINEで送る
Pocket

About kaikei 203 Articles
全てが謎に包まれている

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)