椎木里佳社長、JC・JK流行語大賞2018を発表 「あいみょんと中村倫也がTikTokでタピオカをタピるとあげみざわ」

LINEで送る
Pocket




椎木里佳社長、JC・JK流行語大賞2018を発表 「あいみょんと中村倫也がTiktokでタピオカをタピるとあげみざわ」

女子大生社長として有名な椎木里佳氏は30日、JC・JK流行語大賞2018を発表した。

ヒト部門の1位は「あいみょん」で2位が中村倫也。

23歳の新鋭ソングライターにして年末の紅白に出場するあいみょん。

NHKの朝ドラ「半分、青い。ドラマ」で高齢者だけでなくJKまで夢中にさせた中村倫也が上位を占めた。

モノ部門の1位はタピオカ、アプリ部門の1位はTikTok、コトバ部門の1位は「タピる」だった。

2018年のJC・JKの流行語を繋げれば「あいみょんと中村倫也がTikTokでタピオカをタピるとあげみざわ」となる。

ヒト部門で3位の今田美桜はドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」と「SUITS/スーツ」で今年にブレイク。

モノ部門とコトバ部門の首位となったタピオカはJC・JKだけでなくアイドルも頻繁に飲用。

特にSKE48のキャプテン・斉藤真木子がインスタに投稿しがちだ。

2019年JC・JKトレンド予測

椎木里佳氏はあわせて2019年のJC・JKトレンド予測も公表した。

ヒト部門の1位は韓国と日本合同のグローバルガールズグループ「IZ*ONE(アイズワン)」。

アイズワンには日本のAKB48グループの宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美が所属している。

モノ部門の1位はチーズティー、アプリ部門の1位は「moru」。

言葉部門の1位は聴覚や視覚への刺激によってゾワゾワする反応や感覚を表すASMR。

視聴することでそのきっかけを作り出そうとするASMR動画は、海外の動画投稿サイトを中心に人気だ。




LINEで送る
Pocket

About kaikei 256 Articles
全てが謎に包まれている

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)