幻冬舎の見城徹社長、NewsPicksに怒り 「あらゆることが身勝手過ぎる」

LINEで送る
Pocket




幻冬舎の見城徹社長、NewsPicksに怒り 「あらゆることが身勝手過ぎる」

著名な編集者で幻冬舎の見城徹社長が2月27日、経済キュレーションサイト「NewsPicks(ニューズピックス)」に対して怒りをあらわにした。

見城社長はツイッターで「NewsPicksが今までパートナーシップを組んでやって来たNewsPicks Bookを突然、自分たちだけでやると通告して来た」と指摘。

NewsPicks(NP)に対して「義理、仁義、礼儀、恩義といった『義』に関するものが一つもない」「あらゆることが身勝手過ぎる」など憤りを隠さない。

「NewsPicks Book」とはNewsPicksと幻冬舎のカリスマ編集者の箕輪厚介氏らが2017年4月に創刊。

毎月に刊行、NewsPicksアカデミア会員には本を自動で届ける仕組みでスタートした。

代表的な作品にメタップスの佐藤航陽会長の「お金2.0」、筑波大学准教授・学長補佐でメディアアーティストの落合陽一氏の「日本再興戦略」などがある。

見城社長はNewsPicksを運営するユーザベース社についても「実態を伴わない株価など下がればいい」と言及。

見城社長の13時前後の発言後、ユーザベースの株価は13時25分前後に27日午前終値の2664円から5%安の2532円まで下がる場面があった。

今後について見城社長は「目には目を、歯には歯を!」となんらかの対応措置を講じる姿勢を見せた。

これを受けてのNewsPicks運営、ユーザベース社の反応に注目が集まっている。




LINEで送る
Pocket

アバター
About kaikei 297 Articles
全てが謎に包まれている