ビットコインを法定通貨に採用へ 中央アメリカのエルサルバドルで世界初

LINEで送る
Pocket




ビットコインを法定通貨に採用へ 中央アメリカのエルサルバドルで世界初

仮想通貨が新たな局面に入ってきた。

CNBCは6月6日、「エルサルバドルは世界で初めてビットコインを法定通貨として採用する国になる見通し」と報じた。

(CNBC:El Salvador looks to become the world’s first country to adopt bitcoin as legal tender

エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領はマイアミの会議で、エルサルバドルとウォレット会社のストライクとのパートナーシップを発表。

「来週、ビットコインを法定通貨にする法案を議会に提出する」と述べた。

エルサルバドルは、現在の法定通貨の米ドルと並んでビットコインを採用する予定だ。

CNBCによると、ブケレ大統領が所属する政党は国の立法議会を支配しているため、法案の可決の可能性は非常に高いという。

世界で初めて、米ドルとビットコインを法定通貨にする国が誕生する。

ブケレ大統領は6月6日にツイッターで「ようこそ、ビットコインの未来へ」とツイートした。

エルサルバドルの人口は約664万人で日本全体の6%程度で千葉県(628万人)に近い。

国内総生産(GDP)は約3兆円(27,022百万ドル)で日本の550兆円程度の1%にも満たない。

現大統領のブケレ氏の任期は2019年6月~2024年5月となっている。




今日のマルコム「Life」 Malcolm Mask McLaren



LINEで送る
Pocket

About kaikei 451 Articles
全てが謎に包まれている

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)