マスク着用は個人の判断で争い勃発「電車でノーマスクは面倒な客」「ブスはマスクを外していない」





マスク着用は個人の判断で争い勃発「電車でノーマスクは面倒な客」「ブスはマスクを外していない」

マスクの着用が個人の判断に委ねられるようになり、SNSで争いが勃発している。

政府は3月13日からマスクの着用を個人の判断に委ねる方針を示した。

これまで様々な場面でマスクの着用が実質的に強制させられていた状況の変化から、各地で紛争の種になっている。

ツイッターでは「電車の中に僅かにいるノーマスクが接客業経験者なら見た目で面倒だと分かる客」とのツイートに1日で7万イイネが付いた。

一方で「ノーマスクで歩く女性が増えてきた。ブスは1人もマスク外していません」とのツイートも注目を浴びている。

実際にマスクの着脱についてはどんな判断が行われているのか。

フジテレビの「めざましテレビ」がマスクの着脱の判断では「仲良し度が影響している」と報じると、批判的な声もあがった。




存在そのものがマスクな馬の動画




About kaikei 491 Articles
全てが謎に包まれている

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)