BiSH、YouTubeで動画の再生回数が1000万回超え 「プロミスザスター」の公式MV

LINEで送る
Pocket

【トップ画像は漫画家・西アズナブル(@nishi_aznable)が描いたアユニD】




BiSH、YouTubeで動画の再生回数が1000万回超え 「プロミスザスター」の公式MV

アイドルグループ「BiSH(ビッシュ)」の勢いが止まらない。

BiSHが2017年3月22日に発売した2ndシングル「プロミスザスター」でYouTubeの公式MVの再生回数が2019年末、1000万回を超えた。

「プロミスザスター」はBiSHの代表曲の一つで、初めてその音楽に触れた人が最初に好きな曲として名前を上げることも多い。

BiSHは2015年に活動を開始、現在のメンバーは6人。

過激なパフォーマンスと音楽通をも唸らせるレベルの高い音楽を武器に人気を拡大させ、2019年10月のテレビ「アメトーーク!」で人気が一気に爆発。

アイドルファンや音楽好き以外の一般層にもBiSHの音楽を知りたいと思う人々が激増した。

【2019年末に再生回数が1000万回を超えたBiSHのプロミスザスターのMV】




BiSH、年末のフェスでも大盛り上がり

BiSHは惜しくも2019年末のNHK紅白歌合戦の出場を逃した。

(関連記事:BiSH、紅白に初出場ならず 馬糞かぶる破天荒アイドル、ライブは生歌の実力派)

その悔しさを晴らすかのように、国内最大の年越しフェス「カウントダウンジャパン(CDJ)」で12月28日に登場。

MV再生回数が1000万回を超えた「プロミスザスター」のほか、「オーケストラ」や「BiSH-星が瞬く夜に-」を熱唱して観客を歓喜の渦に巻き込んだ。

当日のフェスの現場で、前列は盛り上がりすぎてファン同士の格闘技のような激しい状況だった。

【フェス当日、アイドルファンとフェスに通い詰める音楽好きなどで投票した結果、BiSHの人気1位だったモモコグミカンパニー】

今回のフェスでは、BiSHのステージに初めてやってきた人も多かったようだ。

代表曲「BiSH-星が瞬く夜に-」での定番コール「はいせーの×2回」を知らない人も前列に多数、いた。

定番コールを知らない人が前列に多く集まるほど、BiSHには新規ファンが増えてるとも言える。

GYAO!はそのフェスでのLIVE映像を1曲だけ提供。

メンバーと観客が人差し指を上下に振り、その後に横にヒラヒラ、最後は手を開いて盛り上がる「beautifulさ」の映像を配信した。

現場ではメンバー、ファンが一体となり、これ以上ないというほどの多幸感に溢れていた。


【Amazon.co.jp限定】And yet BiSH moves.(Blu-ray Disc+CD2枚組)(初回生産限定盤)(特典あり:内容未定)



LINEで送る
Pocket

アバター
About kaikei 390 Articles
全てが謎に包まれている

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)