TEPPEN、ピアノ決戦の新王者は伊藤詩乃 音大卒アイドル、Malcolm Mask McLarenのメンバー

LINEで送る
Pocket




TEPPEN、ピアノ決戦の新王者は伊藤詩乃 音大卒アイドル、Malcolm Mask McLarenのメンバー

芸能界のピアニストで新王者が誕生した。

フジテレビは10月9日、芸能界特技王決定戦TEPPEN2021秋を放送した。

恒例のピアノ対決で優勝したのはアイドル「Malcolm Mask McLaren」の伊藤詩乃だった。

伊藤詩乃は決勝で米津玄師作詞・作曲でNHK2020ソング、嵐の「カイト」を演奏。

圧巻の技術で王者の座を獲得した。

伊藤詩乃は前回大会でTEPPENに初出場、優勝したハラミちゃんに次ぐ2位と言う結果を残していた。

【伊藤詩乃は前回大会で鬼滅の刃「無限列車編」の主題歌でLiSAの「炎」を弾いた】




伊藤詩乃とは アイドル「Malcolm Mask McLaren(マルコム)」のメンバー

伊藤詩乃は2018年12月にアイドル「Malcolm Mask McLaren(マルコム)」グループに加入した。

音大でもエリートと言われる東京音楽大学ピアノ演奏家コースを2021年3月に卒業したばかり。

マルコムはメロコアと言われるパンク調の音楽を武器とするグループ。

その歌とダンスへの熱量が生み出すステージは業界でも有名だ。

その中でも伊藤詩乃はアイドルの王道である笑顔を武器とする。

特典会(AKBで言う握手会)ではファンと気さくに友達になる明るい心を持つ。

ファンからは「しのちゃんの笑顔で明日も頑張れる」「愛嬌のあるステージが最高」「鬱になりかけた時に支えてくれた」などの声がある。



LINEで送る
Pocket

About kaikei 455 Articles
全てが謎に包まれている

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)